安定した足場で妥協の無い壁の塗り替え作業

外壁と帯板などは一緒くたにせず、材質に合わせた塗料を使って塗装する事で、より安定した耐久力を期待する事が出来ます。


15 14 13 12 11 10 お客様名

横浜市戸塚区・モルタル外壁、屋根塗装工事

壁上塗り、中塗り

【8日目】2010年10月27日 【職人】曽根、竹内

ベランダ中塗り

戸塚区の作業8日目。ベランダ内の中塗りです。凹凸の激しい壁は塗りづらくローラーも重たく感じます。薄い塗料にしてしまえば塗り心地も軽く見た目だけは綺麗に仕上がりますが…。一級塗装技能士の竹内はどんな時でも本当に塗料の正しい扱いを頑なに守ります。いっそ頑固なほど! 正しく希釈された塗料で白い外壁が綺麗な色で染まっていきます。

南面1階り

南面1階の中塗りです。家の高さの構造と足場の組み立ての都合で、しっかり直立で作業することができないため、しゃがみながらの作業なので横に移動していくのが大変です。それでも単管ブラケット足場でなくクサビ足だからまだ良いのです。過去を遡れば、単管の場合はこういう作業しづらい場所ほど妥協してしまう職人さんもいましたからね。

ダメ込み

ベランダ内の刷毛でのダメこみです。ローラーで入らない隙間は、ハケでキッチリ塗っていきます。普通に立っていれば見えない場所です。お客さんによっては気にしない人もいるので、やはり業者さんによっては入れないところもあります。ただ我々株式会社塗装職人では隅々まで塗ります。こういう場所も価格の違いが表れるのかな、と思います。

帯中塗り

帯板も外壁も同じ種類と色の塗料で塗るのではなく、きっちり塗り分けます。できる限り一緒に塗るというより、素材ごとに専用塗料で塗り分けるとやっぱり長持ちにつながります。バケットを何気なく足場の上に置いて作業していますが、これが丁寧作業につながるクサビ足場の長所です。

ローラーで

窓の上をローラーで塗っています。普通は縦にローラーを転がしますが、この場所は狭いので横にしながら転がします。軒にローラーがつかないように気をつけながらの作業になりました。作業しているのは黄色いタオルがトレードマークの職人・曽根カズ。持ち前の器用さで専門職にも劣らないシーリングの施工も出来る塗装職人です。

養生はが

雨樋は簡単に養生をするか、ほぼしないで別の塗料がついたら吹きながら作業するかのどちらかが多いものですが、ここもきっちり養生しています。作業は面と東面との養生をとっています。ビニールが壁にくっついて跡がつかないように慎重に剥がしています。雑にとってしまうと塗膜のバリが飛んで壁を汚くしてしまう原因にもなるからです。

15 14 13 12 11 10
戸塚区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継