鉄部の錆び止めに使う色は仕上がりを考えて

シーリングは2液タイプのもので奥まで肉厚に注入。隙間をなくして質の高い仕上がりに。


お客さま名

サイディング外壁塗装、屋根塗装

鉄部さび止め、屋根下塗り、シーリング

【3日目】2012年4月20日 【職人】曽根、竹内、川口、星野

目荒し

屋根の鉄部で目荒らしと言う作業をしています。錆びを落とすと同時に専用の道具で鉄部に わざと細かい傷を付けて、塗料の密着を良くしておきます。

釘の緩み

鉄部に打ち込んであった釘が緩んで飛び出ているところがあったので、ハンマーで叩いています。屋根の下地調整をする時にはこういうところを確認しながらの作業になります。

テープ養生

シーリングのテープ養生です。サイディングの目地にシーリングを注入していく際に はみ出してしまったりしないよう、左右にテープを貼っておきます。株式会社塗装職人でも出来る人は居ますが、やはり専門のシール職人に施工してもらうと仕上がりの質が違ってきます。

傷んでいるシールを撤去

サイディングの目地に打ってあった傷んでいる既存のシーリングを撤去しています。カッターで切り込みを入れて1本づつ取り除いていきますが、この時 左右に古いシーリングが残ったままにならないように丁寧に削ぎ落としておきます。

シールを新しく注入

綺麗に撤去をしました。そして新しくシールを注入していきます。シーリングは横方向の二面接着が基本です。塗料が付いてしまわないように目地底にバックアップ材などを敷いておきます。

錆止めは赤

屋根の錆び止めです。今回の屋根の上塗りは濃い色なので赤錆び色の錆び止め塗料を使いました。

破風錆止め

破風の錆び止めです。破風の錆び止めは白色のものを使いました。仕上げる屋根の色に応じて、錆び止めや中塗りの色も臨機応変に合わせていきます。

屋根の下塗り

屋根の下塗りを塗っています。隣の家が接近しているので飛散しないように慎重に作業をしました。

隙間の内容に注入

窓周りのシーリング注入作業です。隙間なく奥までしっかりと注入します。使っているのは2液タイプのシーリング剤。容量がたっぷりと入っており、残量を気にせず肉厚な施工をすることができます。

シーリングをならす

10シーリングを注入したら専用のヘラで均していきます。この時に不要になったシーリングはもう1度、ガンに注入し直すことが出来るため、それも肉厚施工の理由になっています。

テープを剥がして完了

11そして最後にテープを剥がせば完成です。この時、棒のようなものに巻きつけるように剥がしていくと手がベタつかず、尚且つ手早く剥がすことが出来ます。

 
戸塚区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継