立ち上り・ベランダ床防水

今回は、以前からあるFRP防水層(ポリエステル樹脂やガラス繊維を組み合わせた塗膜防水)の上からトップコートを重ねて防水加工しました。立ち上り部分 (垂直面) を刷毛で下塗り、中塗りとたっぷり塗料を重ねていき、床部分はローラーで全体に塗布してコーティングするように仕上げます。剥がしたタイルを床に戻して施工完了です。

15 14 13 12 11 10 お客さん名

神奈川県横浜市瀬谷区 サイディング・屋根塗装工事

床防水トップ仕上 清掃 完了

【15日目】2009年12月6日 【職人】川口 五十嵐

立ち上りの下塗り

川口が、ベランダ床防水の下塗りを刷毛で塗っています。立ち上り部分(垂直面)なのでかがんだ姿勢になり、塗装の完了した腰壁を汚さないよう慎重に塗布していきました。

中塗りはたっぷり塗装

中塗りは塗膜の厚みをつけるために、塗料をタップリ塗布しました。ハケ筋を出さないように動かしていきます。床にはシートを敷いてテープで留めてあるので、塗料の付着を防いでくれます。

狭い箇所は刷毛を使用

せまい箇所や立あがり部分は、ローラーより刷毛の方が仕事も早く、見た目もきれいに仕上がります。ハケは場所により3種類程を使い分けて、細部まで塗り込んでおきます。

ドレンカバーを塗装

五十嵐がドレン(排水溝)のカバーをハケで塗装しています。並んだ穴の周りも丁寧に塗って、全体に均一な塗膜がつくように仕上げます。

ドレンの穴も奥まで塗る

ドレンの穴も、しっかりと汚れを落として塗替えました。かなり汚れが付着していたので、見違えるように綺麗になっていますね。穴の奥も、細いハケを差し込んできっちり塗装しました。

上塗り完了した床

上塗りが終わった床です。以前からあったタイルを、一つずつ元通りはめ込んで完了です。防水仕上げを施したので、これでまた数年は長持ちします。

ベランダ床防水の下塗り

北側にあるベランダ床防水の下塗り途中です。足場ジャッキが設置されている所は、持ち上げて固定してから塗ります。下地がかなり汚れていたので少しづつ明るく見えてきました。

床のトップコート仕上げ

床を全面塗装しただけで、イメージがガラッとかわりました。とてもきれいに仕上がっていますし、トップコート処理もされたので紫外線によるダメージも予防してくれます。
防水の種類や施工手順はこちら。

15 14 13 12 11 10




防水トップコート塗布・参考動画

瀬谷区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継