モルタル外壁下塗り・中塗りダメ込み

養生後、まず刷毛で外壁の細部を塗り込んでおきます(ダメ込み)。こうすることで、次に行うローラー塗装がスムーズに進みます。下塗りは上から塗料を重ねるので見える部分ではないですが、しっかり塗布して剥がれ防止をしました。中塗りでは塗膜の厚みを付けていきます。

16 15 14 13 12 11 10 お客さん名

横浜市港南区 モルタル外壁塗装

南面養生、下塗り、中塗り(ダメ込み)

【9日目】2009年11月9日 【職人】竹内 星野

刷毛で下塗りのダメ込み

南面養生後 下塗りのダメ込みです。パイプとの隙間に刷毛を入れて細部まで塗装します。

ローラーで壁に下塗り

星野が南面の下塗り材をローラーで塗布しています。たっぷり全体に塗り広げて、上に重ねる塗料が剥がれてこないようにしました。塗装が長持ちするかは、表面から見えない工程もきちんと行っているかが重要なんです。

広めの場所でローラー塗装

に同じ 西面に比べ、間隔が広いので腕を伸ばしてローラーを転がせますし、楽に作業を進めることができました。樋は養生がしてあるので、塗料の付着を気にすることなく塗れます。

台所出窓の下 ダメ込み

南面 唯一狭い台所出窓の下で、竹内がダメ込みをしています。養生した突起物の周りを先に刷毛で塗りました。この後ローラー塗装する際に、スムーズに塗り進めることができます。

庇の下を刷毛でダメ込み

南面 竹内が庇の下をダメ込みしています。雨戸周りの壁との隙間はローラーが入らないので、ハケを奥まで入れて塗料を塗り込んでおきます。

中塗りのダメ込み

星野も中塗りのダメ込みを楽々しています。スペースの広さで、作業のやりやすさは違ってきますが、どちらにしても丁寧に行うことには変わりありません。むしろ、狭かったり、見えない所ほど気合が入るというものです。

平刷毛で下塗り

に同じく、とても楽に作業できます。こちらは下塗りのときの様子です。平刷毛を使用して塗っていきました。刷毛にも種類があるので、塗装する面によって使い分けて仕上げていきます。

16 15 14 13 12 11 10
港南区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継