隙間の無い養生と外壁の下塗り

塗装の前に行う重要な作業。隙間無く養生を施して、周囲に汚れを付けません。


12 11 10 お客さん名

横浜市戸塚区のモルタル外壁塗装工事

養生、下塗り

【8日目】2010年1月19日 【職人】川口 竹内 星野 戸田

しっかりと養生

川口が塗料の飛散で床を汚さないように端までしっかりと養生しました。足元は良く動く為、破れないよう厚い素材で覆っておきます

サッシを養生

星野はサッシを汚さないように養生しています。細かい作業の連続ですが、少しでも隙間があると塗料が入ってきてしまい養生の意味がなくなってしまいます。押さえつけるように養生を隙間無く張っていきました。

仕上げた木部を養生

竹内は仕上げた木部を塗料で汚さないように、ビニールで養生しています。脚立に乗って、隙間がないように確認しながら、キッチリ張っていきます。

せのびしながら

星野のしている所の養生は少し高い所なので星野も背伸びしながら、シッカリと押えて隙間無く養生していました。

が塗る準備

竹内が下塗りを行う準備をしています。水の量を測って入れてメーカーが定めた希釈率に合わせて塗料を薄めていきます。薄めすぎてしまってはどんな高級塗料でも効果を発揮してくれません。

足場の悪い所

戸田が足場の悪い中で作業をしています。落ちないように 右手にローラー、左手に鉄パイプを掴みながら塗りました。クサビ足場を使うと近くに塗料缶を置いておく事が出来る為、こういう作業も出来るようになります。

、はらばいで塗装

竹内は高さ的に足場が邪魔な高さのため、伏せるような腹這いで塗っています。大変塗りづらい体勢ではありますが、限界まで手を伸ばして塗りムラなく塗装を進めました。

、下塗りをたっぷり

星野が外壁の下塗り中です。ローラーで厚みをつけて、塗料をたっぷり塗りました。長年風雨に晒されて傷んだ外壁に下塗り材をたっぷり吸わせる事で、後に塗る塗膜を綺麗に仕上げる事が出来ます。

小さなクラックなどをうめる

小さなクラックなどは下塗りを厚みをつけて塗装、埋めました。クラックが多いお宅の下塗りにはクラックに強い柔軟性のある下塗り材を塗り込む事で、それ以上のヒビ割れや漏水を防ぐ事もあります。

パターンをつけてぼかすように塗る

10少し剥がれた所があり、星野が模様(パターン)を付けてぼかすように塗りました。門壁に塗っている白い部分が下塗りを終えた所です。

汚れをとる

11木部の隅々は、金ベラなどで汚れを剥がしています。角に汚れが溜まってしまいますが、そのまま塗装すると剥がれの原因になったり。仕上がりの見目も悪くなったりします。

12 11 10
戸塚区の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継