> > > 屋上の防水と鉄部フェンスのサビ取りや溶接などの補修
鉄部フェンスのサビ取りや溶接などの補修

屋上の防水と鉄部フェンスのサビ取りや溶接などの補修


ドレン(排水管)の詰まり

撤去後のドレン

フェンスのサビ

サビの進行で取れかかっている
建物形状・外装 形状:1戸建て
外壁:鉄筋コンクリート
塗装内容 塗料の種類
・UVカット溶剤セラミックシリコン 3層塗装
職人 曽根、石堂 他

お客様からの感想

お客様からの感想書面我が家は11年前に、外部の吹付と鉄部などの塗装および屋上防水をやり直しました。
最近、鉄部塗装と屋上防水の劣化が目立ってきたので、改修することにしました。
インターネットのGoogleで「大和市 塗装」と検索したところ、「高耐久塗り替え(※当社の旧社名です)」が最初に出てきてHPを興味深く拝見しました。

他の会社にも見積りを依頼し検討しましたが、決定のポイントは高耐久塗り替えさんの「お客さまのわからない部分で手間を掛けています」という考え方です。

また、見積り時には、使用塗料、作業工程、防水の写真例 などを細かく説明していただき、納得の上でお顔いしました。

作業中に塗装工程などを確認することは出来ませんでしたが、ご説明のとおりに丁寧にやっていただいたことと思っています。
さて、出来映えは当初想定のとおり満足のいくものです。
また、作業の途中で気付いてお願いしたことに対しても誠実に対応していただきました。
5年~10年先には、高品質の仕事をしていただいたことが評価されることと思います。

職人からの感想

国家資格の一級塗装技能士、代表・曽根

一級建築士のお客様です。
鉄筋コンクリートの3階建て屋上防水工事とその周りを囲むスチールフェンスの補修と塗り替えです。
仕事柄お付き合いのある業者さんがいるにも関わらず、当社ホームページを見て頂き、ご依頼という流れになりました。

屋上のドレン(排水管)が完全に腐食して壊れており、泥詰まりも起こしており、また、以前防水を行った業者が、湿気を逃す役割を果たす金具の上から防水処理をほどこしてしまっていたので、一度その部分の防水処理を撤去し、新たに脱気筒を取り付けました。

フェンス部はサビの進行がひどく、腐食して取れかかっていた部分などもあったので、サビ落としの他、溶接で補修の必要もありました。

その他は波板交換、木部、下屋根塗装、階段など、かろうじて外壁はまだ平気そうでしたので、それ以外の足場を組む必要が無い場所の工事でした。

作業風景

劣化した屋上の全体図

屋上の全体図です。全体的に劣化しています。

劣化した屋上、水はけが悪い様子

水はけも悪かったようです。

塗装、防水、溶接とさまざまな職人達

塗装、防水、溶接とさまざまな職人が入り乱れます。

積水化学のTSサンドとセメントなど

積水化学のTSサンドとセメントなど、メーカーものの材料もたくさん使用します。

以前の業者が本来は湿気を逃がす役割のある金具の上から防水処理をしていた

以前の業者が本来は湿気を逃がす役割のある金具の上から防水処理をしていました。これでは水が中に溜まってしまうのは仕方ないかもしれませんね。

本来の湿気を逃す役割を取り戻す為に、防水処理されてしまっていた部分を撤去

本来の湿気を逃す役割を取り戻す為に、防水処理されてしまっていた部分を撤去しました。

湿気を逃がす脱気筒の取り付け

湿気を逃がす脱気筒の取り付けです。

劣化した屋上のドレン(排水管)周り

屋上のドレン(排水管)周りです。泥がたまっている状態です。

ドレンがついていた場所

ドレンがついていた場所です。撤去するのに苦労しました。

撤去後のドレン、完全腐食している

ドレンを撤去した後です。完全腐食して、先が無い状態でした。

改修用の新しいドレン錆びない材質

改修用ドレンです。錆びない材質です。

ドレンの取り付け

ドレンをつけました。

床の立ち上がりのモルタル部分を機械研磨

床の立ち上がりのモルタル部分を平らにするために機械研磨しています。上にはる防水シートもなだらかになって長持ちします。

立ち上がりをモルタルでコテ仕上げ

機械研磨したあとは、立ち上がりをモルタルでコテ仕上げです。

シート防水完了後

現場の都合で肝心なシート防水の写真がありません。すみません・・。

錆が進行した鉄のフェンス

屋上のまわりを囲む鉄のフェンスです。サビが進行して取れかかっています。

フェンスの錆び

フェンス全体がさびていました。

鉄階段の錆び

3階から屋上につながる階段です。足場を組みませんでしたので、踏み板の裏側は下から望みこむように塗装しました。

ディスクサンダーでのサビを落とし

今回はディスクサンダーでサビを落としていきます。

ケレン(下地調整)した後のフェンス

ケレン(下地調整)した後です。サビがきれいに取れているのがわかりますでしょうか。

フェンス腐食した部分を切断

腐食した部分を切断したところです。溶接だけでは済まず、別に鉄骨を用意して溶接にてつなげました。

フェンスの溶接処理

腐っている鉄部はそのままでは塗装できません。溶接をして修理します。

フェンスの錆止め

エポキシ系のサビ止めをします。

L型アングルへのサビ止め

L型アングルにサビ止め塗装をします。

フェンス全体のサビ止め塗装完了後

フェンス全体のサビ止め塗装完了です。

フェンスの中塗り後

シリコンのこげ茶色の塗料で中塗りです。

フェンスの上塗り後

塗装は上塗りをして仕上がりです。

フェンスと屋上防水の慣性

フェンスと屋上防水の完成です。

鉄会談の塗装後

階段も仕上がりました。

雨が溜まりやすいフェンスの根元

雨が溜まりやすいフェンスの根元は非常に腐りやすいので、しっかりシール処理をしています。シートの端末部はアルミの金具でガッチリ固定されています。防水工事の雨漏りの可能性が高い場所は、平面のような平場ではなく、このような端などの末端部分なのです。

溶接した腐食部分の鉄部も元通り

溶接した腐食部分の鉄部も元通りになりました。

破風板の下塗り途中

一方こちらは1階下屋根部分の破風板の下塗り途中です。唯一の木部です。

波板

3階建てのお家ですが、このベランダの波板は2階にあります。

ポリカーボネードの波板

波板もポリカーボネードで張り直しました。

ブラウン系で塗装した波板

下から見た波板です。クリヤーではなくお客さん希望のブラウン系で、落ち着いた雰囲気となりました。

一級建築士のご主人

一級建築士のご主人です。仕事柄お付き合いのある業者さんがいるにも関わらず感謝です。

大和市の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

とそ女りおのブログ

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継