> > > 築40年の住宅、木部腐食、板張りの家
大和市での築40年の住宅、木部腐食、板張りの家の塗装

築40年のドイツ下見(板張り)の塗装

見た目に分からない部分の腐食も直しながら、板張り外壁塗装。下塗りにも多大な時間を要しました。

塗装場所 外壁板張り(下見板)、トタン壁・トタン屋根
塗装内容 溶剤セラミックシリコン塗料 3層塗装
施工職人 曽根、和田他
  木部腐食部、交換修理補修

職人からの塗装作業感想

国家資格の一級塗装技能士、代表・曽根

大和市のお客さんです。当社発行の、外壁塗装ガイドブックを注文していただき、それを読んで私達に見積もりのご依頼をいただきました。

数あるお客さんの中でも、かなり印象に残っている工事のお客さんです。お家じたいは下見板という木製の板張りと一部モルタルの外壁塗装と屋根はトタンです。築は40年ほど経過していて、お客さんも不安視していた木部の腐食も何か所か直してからの塗装でした。

お見積もりの調査ではわからなかったのですが、足場を組んでみて、高い所にある2階の破風板なども、塗る前にいろいろ調査させてもらった結果、木部が腐っている場所を何箇所か発見しました。

木部の腐食の場合は特に、外見が腐っていないような感じでかたどられていても触るとスポンジのようにクシャッと中が腐っていることがあります。このお客さんの場合も同じような状況でした。それをお客さんが見こしていたのかどうかはわかりませんが、見積もりをご提出させていただいて、ご契約したあとからも、もしあとからも足場を組んでから徹底的に木部の腐っている場所とかそういう場所を直してから塗装をしてくださいというご指摘をいただきました。

案の定、腐っている場所は何箇所もあったのですが、大工が3人入って3日ほどかかりましたので、木部の補修修理としては、かなり量的にあったほうだと思います。

部分的な腐食は、破風板、軒天、木製の窓枠、外壁の下見板です。すべて新しいものに交換してから塗装をしました。木部以外は漆喰のヒビもかなりあったので、ヒビの処理をしてから塗装をしました。

また、木部の腐食があるということは、それなりに下地調整にも時間がかかりました。トタン屋根の方は、痛みはそれほどでもなかったため、通常通りの塗装で完了させることができました。

暑い夏の工事でしたので、水分補給も欠かせない時期だったのですが、ご主人さんは本当に私達によくしてくださり、飲用水はもちろんのこと、スイカやお昼のカツカレーなどの手料理を作って、私達にごちそう下さいました。

ラブラドールの黒い大きいワンちゃんもいたのですが、私達が食べているご主人さんの手料理をおいしそうに見ていたのが記憶に残っています。

同じ大和市で、このお客さんの工事が終わったあと、同じ大和市で他のお客さんから見積もりがあったのですが、どこかに工事したお家がないかと尋ねられたので、このお客さんのお宅をご紹介させていただきました。ただ、あいにく私は都合が合わなく行くことができませんでしたが、このお客さんが家を拝見しに来られた見積もりのお客さんにしっかり宣伝していただいたようで、見積もりのお客さんも私達に工事の依頼をしていただく結果となりました。

工事が終わって2年後、ものすごい台風がありました。心残りがこの時の台風で一部雨漏りがあったということで、塗装との関連性はわかりませんが、否定もできないため、少し残念な気持ちにもなってしまいました。

とにかく、作業のときにも休憩時も、ご主人さんとはいろいろなお話をさせていただき、また、いろいろお世話になって本当に感謝しています。

作業風景

外壁塗装の工事作業風景(板張り・トタン)

板張り塗膜はがれ

下見板(羽目板)に塗ってある塗膜がはがれかかっています。見た目ではわからない場所も、後で塗ってまたはがれないように丹念に調べてははがしていきます。

破風板塗膜はがれ

破風ですね。塗膜がはがれて破風板の素地にまで腐食しかかっていました。

木枠の腐食

塗枠もこのとおりです。完全に中まで腐食してしまっています。

破風板継ぎ目の腐食

破風板の継ぎ目です。継ぎ目はどうしても弱くなりがちです。ここも中まで腐食が始まっていました。

マジックロンによる下地調整

塗膜はがれの場所は、よく塗膜を落とし下地調整をしケレンします。

破風板ケレン

木部の傷みが多い住宅の場合、このケレンが重要な仕事になります。

下塗り・板張り補修

破風板下塗り

下地調整の後は、下塗りです。白く見えているのがそうですが、塗料は木部下塗り専用でもある「水性シリコン厚膜シーラー」です。下塗りではとても高価な塗料の上、くっ付いたら、カワスキで力を入れてもはがれない密着性抜群のスグレモノです。

破風板下塗り完了

このように厚膜シーラーだけに厚く塗っていきます。この後に塗る中塗になるシリコン塗料が木部の素地に吸い込まれることなく、肉持ちのいいがっちりとしたシリコン塗膜ができあがります。

羽目板腐食

北側の外壁の下見板です。正確にはドイツ下見という壁です。板の上端の削り幅をした幅よりも大きく取る外壁で、溝のような目地が出来ます。ここが、ぶにょぶにょに中まで腐っていました。

羽目板解体

悪いところは、根こそぎ交換です。大工も3人数日はいりました。

北側羽目板補修完了

三日かけて、ドイツ下見の外壁の交換完了です。これから塗装するので見た目には綺麗ではありませんが、新しい板に取り換えていますのでここから木部専用のシーラーを塗布します。

正面羽目板解体

正面の外壁も腐食していたので交換です。ご主人のご希望通り弱い場所は丹念に調査して、塗装前に徹底的に調べ補修します。

軒裏交換

正面完了

交換補修後です。

軒裏の交換中

定番の軒裏です。軒裏も10メートル近くベニヤを交換しました。今は腐食しにくいケイカル板が多いですが、下地の関係上おなじくベニヤ板での交換です。

大工による張り替え作業

あっちもこっちも修理していきます。築40年近くの住宅なので、いろいろな部分が木製作りです。

軒裏張替完了

軒天井の交換後です。

継ぎ目にパテしごき

板をはって交換後は継ぎ目にパテをしごいていきます。ちなみにこの作業は大工ではなく曽根がしています。

継ぎ目をパテ埋め

隙間という隙間にパテをしていきます。

漆喰補修・塗装

漆喰の劣化

漆喰部分です。漆喰の上に塗った塗膜がパリパリとはがれています。

塗膜はがれ

下が赤いですが、前回は何を塗っていたのでしょうか。わかりません。もしかしてさび止め?業者さんによっては鉄部でなくても、何でも下塗りにさび止めを塗ってしまうとかしないとか……

漆喰にシーラー

弱くなった塗膜をきれいに除去した後は、パテをしますがその前にパテが落ちないようにシーラーを塗っています。

漆喰へパテ

丁寧にパテをしていきます。

漆喰塗装仕上げ

パテ補修後下塗りを塗り、中塗り、仕上げです。

破風下塗り漆喰完成

上の破風はまだ下塗り途中です。

大和市の工事事例
工事事例
サイディング外壁
モルタル外壁
木部と鉄部
トタン・板張り外壁

ページトップへ戻る

価格のご相談、無料お見積もり

無料見積もり
電話
メール

対応地域

塗装職人 東京店

保土ヶ谷警察署からの表彰
保土ヶ谷警察署からの表彰
会社事務所
横浜市保土ヶ谷区西谷町1235-9
相鉄線西谷駅北口、国道16号線を左折、鶴ヶ峰方面へ徒歩3分
施工中・施工後の“もしも”に備えた工事保証
塗装だより・会社案内PDF無料ダウンロード
求人募集
ブログ

社長ブログ

見積もり担当菊池のふれあい日記

一級塗装技能士達のブログ「The 塗装職人」

資格、免許

知事・大臣認定の資格、免許
安心のリフォーム保険登録証

まもりすまいリフォーム保険
まもりすまいリフォーム保険
事業者登録証

神奈川知事免許・職業訓練指導員
塗装科・職業訓練指導員
神奈川県知事免許

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
一級塗装技能士

厚生労働大臣認定・技能士
厚生労働大臣認定
樹脂接着剤注入施工技能士

工事業・県知事許可
塗装工事業・足場工事業
神奈川県知事許可
(般-24)第67357号

株式会社塗装職人は、技能士の育成に取り組んでいます。

おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得
おもてなし規格認証 2017 (紅認証) 取得

直撃!企業取材ブログからの取材
直撃!企業取材ブログからの取材
職人からの現場中継